よくある質問

FAQ

お客様からいただく質問をまとめました。ご不安なことや疑問点はお気軽にお問い合わせください。

お見積りについて

見積もり書はどれくらいで完成するの?

現地調査をさせていただいてから図面を添えて御見積りまで約1週間より10日ぐらいで御掲示させていただきます。

お急ぎの場合は特例で3~4日も曜日によっては可能でございます。

他社との見積もり額が大きく違うのは何故ですか?

御見積りの比較で平面計画がほぼ同じで金額面で差が生じますのは、それぞれの業者により断面が違っていたりすることが多いです。

色々な項目に知識の豊富な業者さんとそうでない業者なんで一般の方から仕上がって同じように見えても我々業者から見ますと危険な断面があったり致します。

宮城県沖地震で塀の転倒が数多く発生し死傷者まで出ました地盤も影響しますが断面の違いで倒れたり差が発生いたします。

相見積もりはとってもいいんですか?

業者が異なりますとそれぞれの考え方や施工断面も変わりますのでプランやその業者のやり方により御見積りも変わると思います。

他の業者さんと比較の意味で相見積もりは自由競争ですのでまったく自由でございます。

見積もりに費用は必要なの?

ご依頼をいただきましたら現地調査をさせていただき、平面図、3次元パース等のプレゼンテーションとそれに沿って御見積りをさせていただきますが、それらの作業は無償で行っております。

パース依頼について

無料パース依頼をお願いしたら必ず工事しないといけないの?

御見積もりの費用のところでもお話致しましたが、三次元のパース(透視図)は無料でございます。

アフターサービス・アフターメンテナンスについて

良い業者を見分けるポイントは?

外構工事は少数で自宅でされている方から事務所を構えて大勢社員がいる会社までさまざまです。

まずは外構に関するその会社の知識の集積、アフターフォローの体制、地域に根差して何年も信頼を得ているか、過去の作業実績の確認、会社の業務内容など色々な観点で判断された方がよろしいかと思います。

小さな工事でもしていただく事は出来ますか?

お子様が誕生なされた際の記念樹一本から、ポストの交換等や雑草対策まで外回りの関係でしたらどんなことでもご相談承っております。

アフターフォローはどうなっているの?

植栽等は当社で作成しております、管理マニュアルに沿って管理していただき、それでも枯死したものは一年間の枯れ保証がついております。

既存樹木の移植につきましては枯れ保証はございませんので御理解の程お願い致します。

外構工事につきましては外構工事全般については一年の保証となります。コンクリート製の地下ガレージの躯体に関しましては10年の保証となります。

お手入れについて

ブロックやレンガに白っぽいものがついています。

ブロックやレンガ、塗り壁もそうですが目地等から白いタレが出ていることがあります。

セメントを使っている場合に発生するのですが、セメントはカルシウムを含んでいましてアルカリ性です。

外部で雨に濡れて乾くときにそこの目地の部分で水に溶けた水酸化カルシウムとなりまして、蒸発の時に水分のみが帰化し、この現象を白樺現象と呼んでおります。

対策としましてはアルカリ性に対してトイレの洗浄剤のサンポール等は塩酸を含んでいて酸性ですので、そのサンポールなどでブラシでお掃除をして乾いたら撥水剤を散布しておくと良いでしょう。

木粉入り樹脂製品のお手入れについて知りたいです。

各メーカーにより表面のテクスチャーに違いがあります。

その表面に近いサンドペーパー等で同じ方向にキズ等が目立たなくなるまで研って見ましょう。あまり深い傷のときは研り過ぎない方が宜しいと思います。

ステンレス製品、アルミ製品のお手入れについて知りたいです。

ステンレスやアルミ材は表面に砂埃等が付着したまま拭き掃除したりしますと表面が傷になってしまいますのでやわらかいブラシ等で水洗いをしてから中性洗剤でお掃除するのが宜しいと思います。

木製製品のお手入れについて知りたいです。

木製品でも色々な種類がありますが、外部ですので雨で濡れて、乾いてを繰り返しますので、反りやひび割れが発生いたします。

表面が荒れてきたところはサンドペーパーでなめらかにし一年に一度柱度浸透性の塗装を塗ることをおすすめ致します。

また、梅雨時期はカビも発生致しますのでお風呂等でお使いになるカビ取りスプレーでお掃除するのも効果的です。

植栽について

消毒はいつすればいいのか知りたいです。

どのような木でも、最低春と秋の年二回は消毒してください。病気や虫が出ていないからやらない・・のではなく、木が病気にならない為の予防接種と思ってください。人間と同じで実際に病気にかかると、なかなか治りません。

肥料はいつあげればいいのか知りたいです。

植物によって、肥料をほしがる時期が違うのでいちがいには言えませんが、花が咲く時期、葉が芽吹く時期などは、植物も栄養をほしがっている時なので、そういう時期にあげると効果的です。ただし、新築などで木を植えた場合は、根を切っていたり、枝葉を落としていて、木自体が充分に栄養を吸収できる状態ではないので、最低1年間は肥料をあげないでおいてください。

オリジナリティ溢れるあなただけのお庭のデザインをお手伝いします。
外構・エクステリア工事のことなら仙台市の泉ホームイングにお任せ下さい。