お知らせ・コラム

お庭の快適リフォーム~お庭のお困りごとお任せください~

スッキリ+イメージチェンジ!お手入れして居心地のよい庭にしませんか?

 

雑草が生えすぎてしまって、どうにかしたい!

ボーボーに伸びてしまった植木、剪定してほしい!

コンクリートやタイル・ブロック塀についた汚れやカビ、どうしたら楽になる?

 

お困りのお庭はありませんか?

お庭まわりのメンテナンスリフォームは泉ホームイングへご相談ください。

 

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

 

バナークリックで記事へジャンプ

 

 

 

 

 

雑草が生える場所というのは、雑草が生えやすい条件がそろっているということ。

「土が露出している」というだけで、

もとから土の中にあった根から出てきたり、

風で飛んできた雑草の種子から芽が出て生えてきます。

 

これを防ぐにはどうしたらいいか?

 

ずばり、土が出ている面積を減らすことがポイントになります。

でもそれってどうやったら実現できるでしょう?

 

 

1⃣とりあえず砂利を敷いておこう!

→最初はいいかもしれませんが・・・

敷いた直後は雑草が生えるのが遅くなりますが、

一度生えてくると、地面が露出している状態と変わりません。

砂利の上を歩いたりすれば砂利が地面にめり込んでしまい、

下の土が表面に現れてきて、砂利を敷く前の状態に戻ってしまいます。

--------------------

2⃣防草シートなら、もう絶対生えないよね!

→100%生えないわけじゃありません。

ある一定期間は効果がありますが、風などで落ち葉・粉塵・ほこりなどが

防草シートの上にたまってくると、そこから雑草が生えてきます。

定期的に砂利をよけて、シートの上のほこりなどを洗い流す必要があります。

--------------------

3⃣木製チップで地面が隠れてるから大丈夫!

→その後の扱いも要考慮

踏み心地がやわらかく、ペットにはやさしい素材ですが、

季節風でチップが飛んだり、チップの下に害虫が住みついて

繁殖したりします。落ち葉のお掃除も大変です。

--------------------

4⃣いっそ全面コンクリート打設しちゃえ!

→お庭として、それでいい?

雑草対策としての効果はありますが、夏は照り返しで熱くなり、

殺風景で、お庭としては味気ない仕上がりになってしまいます。

--------------------

雑草対策として施していても、結局効果が薄まってしまったり、

殺風景で味気ない場所になってしまったらもったいないですね。

 

せっかくの戸建てのお住まいですから、雑草対策だけではなく

お庭で楽しく過ごす・ご家族の思い出づくり🌱のシーンにもなるように、

素材を組み合わせ、変化があり、季節を楽しめるよう

全体での計画をプランしてみましょう。

 

泉ホームイングでは、素材の耐久性・雨水の排水方法も考慮してプランニングいたします。

 

雑草対策にはいろいろな方法が考えられますが、

素材の組み合わせで費用面やデザインに大きな差が出てきます。

お好きな素材を探しながら、素敵なお庭を作ってみてはいかがでしょうか?

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

・こどもをのびのび遊ばせたい

・ワンちゃんのドッグランにしたい

・天気のいい日はごはんを外で食べたい

・みんなでバーベキューをしたい

・家の中から眺めたときに、癒されるような美しい景色にしたい

 

こんな楽しい願いが叶うお庭があったら、うれしいですよね✨

みなさんの夢をぜひお聞かせください。

 

お部屋からお庭への動線をどのようにスムーズにするか

そのために仕上がり高さを考慮し、

階段の位置、雨水の処理方法、デッキとの組み合わせも含めて

計画を進めましょう。

ご家族の過ごし方や人数に応じて

テラスの広さを考えると良いでしょう。

 

日差しの照り返しもありますので、

間に樹脂製デッキを取り入れるなどの工夫も考えられます。

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

カラーやサイズを組み合わせてパターンを作れます。

お掃除もしやすくスッキリと仕上がります。

 

 

仕上がりの水勾配を考慮して、水はけもよく管理もとても楽です。

質感も石材風・大理石風・木目調などお好きな風合いの仕上がりが選べます。

 

サッシの下の高さまで希望の場合は

「タイルデッキ」の商品も選択肢のひとつです。

 

1⃣磁器質ですので凍害に強く退色や腐食の心配がありません

外用タイルの表面は内装用と違い、滑り止めが施されています。

 

2⃣梅雨時期のカビなどの汚れも、市販の塩素系漂白剤(カビキラー等)

で落とすことができ、お掃除が楽で綺麗に維持しやすい面があります。

 

3⃣サイズやカラーの多さなど、選択肢がとても広く、

建物に合わせて幅広くデザイン・コーディネートしやすいです。

 

4⃣玄関ポーチやアプローチに使用される例がとても多い素材です。

いろいろなパターンを作り、個性的なオリジナル模様を仕上げられます。

 

5⃣価格面では、下地にコンクリートが必要になります。

タイルの1㎡当たりの価格は高価なものからお手頃なものまで

幅広く展開されていますので、ご予算に応じて商品選びができます

 

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

 

色・かたち・サイズが多種多様

黄色、ピンク、茶色、赤、白、黒・・・実にカラーバリエーションが豊富。

形状は、乱形の不定形のものや、方形のもの、

サイズも小さなピンコロサイズから、大判の1m近い大きなものまでさまざまです。

お好きな形状を選び、レンガやピンコロと組み合わせれば

お庭の雰囲気が一層はなやかになることでしょう。

 

材質も発掘場所によってさまざま

推石岩、火成岩、玄武岩など多種あります。

宮城県では凍害の心配のない石質を選びましょう。

 

 

時とともに味わいが増してくる

経年変化で良さが深まり、また地層による色の変化が楽しめ、

独特の雰囲気を演出してくれます。

テラスに、小路にと、用途をお考えになってはいかがでしょう?

雑草対策としても良策です。

雨に濡れるとまた違った表情を見せてくれます。

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

 

意外といろんなカラーがある

レンガというと赤茶色の色を思い浮かべる方が多いと思いますが、

プロユースのレンガにはカラーバリーエションも豊富です。

熱で焼成仕上げしていますので、焼きムラによる色の変化がレンガの良さですね。

 

 

雑草が生えやすいのが「目地」の部分。

ここの処理を工夫して、目地からの雑草を防ぐことが大切です。

レンガを一面に敷き詰めたテラスのような広い面積から、

細長く敷き詰めて小路を作ったりと、

お庭にもなじみやすい素材です。

 

アンティーク感を高めたいなら「クラシカルレンガ」がオススメ。

角が取れて丸くなり、まるで何十年何百年の歴史をもつ庭のようなヴィンテージライクな空間を演出します。

長く見ていても飽きが来ず、お庭のグリーンとの相性もバッチリです。

 

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

カラー・サイズが豊富。コンクリート調から擬木風まで

公園や歩道などでよく見かける、レンガやブロックのような舗装材のことをインターロッキングといいます。

予算を抑えつつ素敵な仕上がりにできる舗装材です。

公共施設で使用されているのは8cmの厚みですが、

一般家庭に使用するものは6cmの厚みのもので十分かと思います。

コンクリート製で耐久性もあり、タイルのように貼り方のパターン展開ができ、

デザインのバリエーションが広がります。

 

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

リアルな木目で耐久性もある

天然木材の枕木は腐食などの心配がありますが、

この素材は天然木にも引けを取らないリアルな枕木です。

コンクリート製でカラーも選べ、小路に、テラスに雰囲気を演出してくれます。

 

擬木枕木 番外編・花壇

擬木枕木 番外編・門柱

 

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

芝刈りのお手入れが不要でリアルな緑が楽しめる

人工芝生は近年、見た目にはリアルで雑草対策の効果もあり、

採用される方が多くなっております。

人工芝生事例まとめ

 

1⃣人工芝生は葉の長さがいろいろあります。

長いものを選ぶと、中に入ったゴミや落ち葉の掃除が大変です。

2cm前後の長さが、見た目にもお掃除の面でもオススメです。

 

2⃣いつまでも不陸なくお使いいただくには

施工面を平滑にして不陸をなくしてから施工することが大切です。

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

・広い面積の雑草を抜くのは大変だから、メンテナンスを楽にしたい

・植栽の手入れを楽な姿勢でできるようにしたい

・建物の中からも景色の良い庭にしたい

Before

After

 

・雑草がたくさん生えているのでどうにかしたい

・海を見ながらくつろげるようにしたい

Before

After

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

家の裏、狭い通路などは、日当たりが悪くてジメジメ。。

活用されないままゴミ置き場になったり、放置されがちなスペースも

工夫次第ですてきなシェードガーデンを作ることができます。

 

明るく風通しの良い場所でなくても、

むしろ日陰を好む植物を選んだり、

生育がゆっくりになるためコントロールしやすくなるというメリットもあります。

 

⭐小道を作って通りたくなるしかけを

⭐細長いスペースも、ゾーニングして使いやすく。半日陰を好む植栽を織り交ぜて涼しげに。

斑入りや黄緑の葉を選ぶと、影ができやすい場所でも明るい印象になります。

 

 

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

 

いかがでしたか?

単なる雑草対策に終わらない

住む方が楽しめるお庭をつくるため

いろいろな方法が考えられます。

素材別にご紹介しました。

 

カタログやサンプルもお気軽にお問い合わせください。

 

 

【メディア掲載】リビング仙台7/9号に掲載されました

 

 

 

 

 

« »